Michelle Christensen

クオリティマネージャー

Michelleは常に言語に情熱を注いできました。 フランス語で学士号を取得している間、パリに3年間、ローマに1年間住んでいました。 Michelleは米国に戻ると、ビジネスのクライアント側として翻訳業界に関わるようになりました。 彼女はいくつかの医療メーカーで翻訳プロジェクトマネージャーとして働き、20以上の言語でプロジェクトを処理していました。 クライアント側のプロジェクトマネージャーとして、Michelleは多くの翻訳サービスプロバイダーから翻訳を購入し、翻訳ベンダーからの質の高いサービスの価値にすぐに気づきました(Argo Translationもその1つです)。 彼女はいつも、業界のクライアント側を離れてベンダー側で働くとしたら、Argoのような場所で働きたいと言っていました。 Michelleは最終的に学校に戻り、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校で言語学の大学院の学位を取得しました。 申し出があったとき、彼女は喜んでシカゴに移り、2005年にArgo Translationに入社しました。 Michelleは、Argoで働くことの素晴らしいところの1つは、親密でリラックスしたオフィス文化だと言います。 余暇には、Michelleは社交ダンス場で、アルゼンチンタンゴ、ザディコ、その類のいろいろな踊りを楽しんでいます。